上智社会福祉専門学校 | 保育士科

上智社会福祉専門学校保育士科カリキュラム紹介

保育士科の2018年度以降の学生募集を停止いたします

カリキュラム紹介

保育士科のカリキュラムは、厚生労働省の指定により「教養科目」「必修科目」「選択必修科目」の3つの系列に分かれています。「必修科目」は基礎科目として1~2年次にかけて全員が修得します。「教養科目」と「選択必修科目」の中に本校独自の科目を用意しており、各自の興味・関心に応じて修得できます。上智社会福祉専門学校保育士科ならではのカリキュラムの特徴は、次の通りです。
ゆとりあるカリキュラム構成

2年制の詰め込み型ではなく、夜間3年制であるため、3年間かけてじっくりと卒業に必要な79単位以上を修得できます。
豊かな教養を身に付け、実習をたくさん体験できる3年制のカリキュラムは、就職の際に即戦力になると、保育現場等で高く評価されています。

昼間仕事やアルバイトをしながら通学できるよう1日最大2コマ
(1限:17:50~19:20、2限:19:30~21:00)というゆとりある時間割になっています。

「保育」の原点を学び、視野を広げる本科の独自科目

教養科目の中に、本校の理念を学ぶための「キリスト教学ⅠⅡ」「人間学ⅠⅡ」といった科目や、現代人としての教養を学ぶための「自然科学概論」「英語」「地域福祉」等が設置されています。

選択必修科目の中には、必修科目の応用編として「保育原理Ⅱ」「養護原理Ⅱ」
「表現Ⅱ」「音楽Ⅱ」「図画工作Ⅱ」「体育Ⅱ」等が設定されているので、自分の得意な科目を更に向上させる、あるいは苦手な科目に再チャレンジして克服するチャンスになります。
また、応用編の他に「児童文化Ⅰ」「保育相談概論」「社会倫理学」といった科目もあり自分の進路や興味・関心に合わせて履修し、幅広い視点から専門性を高めることができます。

豊富な実習

本校独自に1年次の社会福祉施設と保育所の見学実習を設定しているため、ここで本実習へのトレーニングを行うことができます。

本実習として、2年次に児童福祉施設(入所)と、保育所でそれぞれ約12日間の実習を行い、実習Ⅰの単位を修得します。
3年次では卒業後の進路に応じた児童福祉施設実習を約12日間行い、実習ⅡまたはⅢの単位を修得します。きちんと必修科目を修め、十分に準備を整えてから本実習に臨むことができるのは、3年制ならではのメリットです。

学校紹介 教員紹介 入学希望の方へ 在校生の方へ 卒業生の方へ 就職支援(実績)・取得可能資格 よくあるQ&A アクセス 入試要項 学校説明会 フォトギャラリー・イベント紹介
四ツ谷キャンパスマップ