上智社会福祉専門学校 | 保育士科

上智社会福祉専門学校保育士科本科の強みと特色・取得可能な資格

保育士科の2018年度以降の学生募集を停止いたします

本科の強みと特色・取得可能な資格

本科の特色
歴史と伝統ある保育士養成校

本校は昭和38年にスタートし、昭和41年に現在の保育士科の前身である「保母養成機関」が認可されました。以来、50年近くにわたって時代に即した保育の専門家を養成しており、保育士科の卒業生は合計で約2,000名にも及びます。
この中には、保育所や児童養護施設をはじめとする児童福祉施設の園長・施設長として活躍している人も数多くいます。常にその時代に則した保育士養成のあり方を試行錯誤しながら、今日の講師陣、学事スケジュール、カリキュラム等の学校体制を築いてきました。伝統を重んじながら、時代とともに変化する“新しい保育士”の養成に努めています。

質の高い講師陣による授業
質の高い講師陣による授業

上智学院の教育機関の一つである本校には、専任教員に加え、上智大学教授や児童福祉現場で活躍している専門家(保育園長、作曲家、画家等)が非常勤講師として質の高い授業行っています。充実した教育方法から、現代の保育について学ぶことができます。授業の方式も、授業内容に応じて、通常の講義のみならず、実習、実習教室を使用しての演習、プレゼンテーション、ディスカッション、ロールプレイ等、様々な形態で実施しています。

キリスト教理念に基づく社会福祉の精神
キリスト教理念に基づく社会福祉の精神

本科は、本校の設立の理念であるキリスト教ヒューマニズムに基づく社会福祉の精神が土台にあります。
現在、保育士は、子どもを養護・教育することに加え、保護者支援や地域福祉の担い手としての役割が期待されています。

そこで本校では、広い社会福祉の見地から、対人援助に長けた保育ソーシャルワーカーとしての保育士を養成しています。
※学生・教職員ともに宗教は不問です。

働きながら取得
奨学金の詳細はこちら
奨学金

本校では、学生の学ぶ意欲を経済面からも支援します。働きながら学びたい方々のために、奨学金制度を充実させています。

夜間、一日2コマの授業

本科は夜間3年制です。昼間の仕事やアルバイトを続けながら通学できるよう、夜間帯2コマのみ(1限:17:50~19:20、2限:19:30~21:00)に設定しています。昼間の仕事・アルバイトに関しては、学校からも多くの保育・福祉現場の求人情報を紹介しています。

様々なバックグラウンドのクラスメイト

現在、保育士科には10代~60代までの学生が在籍しています。
様々な年代・経験からの考え方を共有することを通して、学生同士学びあえることが本科の特徴の一つです。

学科による就職サポート
学科による就職サポート 詳細はこちら

本科では、専任教員による個別の就職活動支援を行っています。
保育・福祉専門職への就職指導はもちろんのこと、企業への就職や公務員等、多様な進路に対応するサポートを行っています。

ダブルスクールによる幼保の資格取得が可能
ダブルスクールによる幼保の資格取得が可能 取得可能資格はこちら

本科を卒業すると同時に保育士の資格を取得できますが、さらに希望する学生に対して、幼稚園教諭2種免許の取得が可能な通信制大学の紹介と単位取得サポートを行っています。
幼保の資格取得を希望する方も安心して学ぶことができます。

幼稚園教諭免許所有者のための科目等履修制度
幼稚園教諭免許所有者のための科目等履修制度 詳細はこちら

幼稚園教諭免許所有者を対象にした保育士国家試験科目の免除制度を受けて、本校では「保育士科科目等履修制度」を行っております。
幼稚園教諭免許を有する方が、指定保育士養成施設である本校の保育士科において単位取得した科目は、保育士国家試験において受験が免除される制度です。
本校は、夜間に授業を開講しており、お勤めをしながら保育士試験科目を履修することができます。
保育士資格取得を目指している方が本校での「科目等履修制度」を利用して、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得してキャリアアップを目指すことができます。

学校紹介 教員紹介 入学希望の方へ 在校生の方へ 卒業生の方へ 就職支援(実績)・取得可能資格 よくあるQ&A アクセス 入試要項 学校説明会 フォトギャラリー・イベント紹介
四ツ谷キャンパスマップ