上智社会福祉専門学校 | 社会福祉士・児童指導員科

上智社会福祉専門学校社会福祉士・児童指導員科社会福祉士・児童指導員科とは

社会福祉士・児童指導員科とは

社会福祉士とは、児童指導員とは
社会福祉士は、相談援助のプロフェッショナルです
社会福祉士は、相談援助のプロフェッショナルです

社会福祉士は、1987年の社会福祉士及び介護福祉士法で誕生した社会福祉に携わる者のための国家資格です。
社会福祉士(ソーシャルワーカー)の役割は、「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は 医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うこと(相談援助)を業とする者」とされています。
また、社会福祉士の資格は医師や看護師のような業務独占の資格はでなく、名称独占の資格です。名称独占とは、その資格をもつ人だけが“社会福祉士”の名称を使うことができるということです。社会福祉士の資格をもっていることは、専門職としての一定の能力を客観的に表しているといえます。
2010年2月末現在、約12万2,000人が資格登録しています。

児童指導員は、児童福祉施設などで活躍する専門職です
児童指導員は、児童福祉施設などで活躍する専門職です

児童指導員とは、児童福祉施設最低基準に規定されている任用資格です。
子どもたちが健全に成長できるよう、児童養護施設などの児童福祉施設で生活環境の整備や生活指導などを行う児童福祉関連の職員に任用される資格です。現代社会では子育て支援のニーズが高まっていることもあり、学生に社会福祉士・児童指導員科への志望動機を尋ねてみると、社会福祉士だけでなく児童分野にとても関心があるから、児童指導員の資格取得を目指したいから、という答えが返ってくることが少なくありません。

資格を取得するためには
社会福祉士になるためには、国家試験受験が必要です

社会福祉士の資格を取得するためには、法律に定められた受験資格を得たうえで、社会福祉士国家試験に合格することが必要です。社会福祉士国家試験の受験資格は、法令等により次のいずれかの方法で取得できます。
なお、社会福祉士・児童指導員科では卒業見込と同時に受験資格が得られます。

① 社会福祉士・児童指導員科のような厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する。
② 大学等で指定科目を履修する。
③ 福祉事務所の査察指導員等の実務経験が5年以上ある。(平成24年度まで)
児童指導員は卒業と同時に取得できます

社会福祉士・児童指導員科では卒業と同時に児童指導員はもとより児童福祉司の資格もあわせて取得できます(いずれも任用資格)。児童指導員の資格取得は、次のいずれかの方法で取得できます。

① 社会福祉士・児童指導員科のような厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する。
② 4年制大学の学部で指定科目を修めて卒業する。
③ 小・中学校または高等学校の教諭の資格を持つもので、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定したもの。
④ 高等学校を卒業したもので、2年以上児童福祉事業に従事したもの。
⑤ 3年以上児童福祉事業に従事したもので、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定したもの
活躍する場面
社会福祉士は、社会のあらゆる場面で活躍しています

“社会福祉士が、変わる” “社会福祉士が、広がる”-これは2008年5月と7月に朝日新聞に掲載された広告特集のコピーです。この記事の中で、現在、医療ソーシャルワーカーとして活躍している人は「限られた時間で、理解し、共感して最適な生き方を提案」することが社会福祉士(ソーシャルワーカー)の役割と言っています。そして、「さまざまな人生に触れながら、自分を成長させてくれるのが、この仕事の魅力だと思います」とコメントしています。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)は、高齢、障害、児童分野などで福祉の専門職として活動を展開しています。これらに加えて、近年では、従来の発想でいう“福祉”にとどまらず、教育、医療、司法、行政などの多様な場面で活躍の範囲を広げています。

児童指導員は、児童養護施設等で広く活躍しています

児童指導員は、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設等で主に児童の生活指導などの場面を中心にして幅広く活躍しています。
なお、社会福祉士・児童指導員科を卒業と同時に取得できる児童福祉司は、児童相談所で児童の保護や児童の福祉に関する専門的な相談業務を中心に活躍をしています。

学校紹介 教員紹介 入学希望の方へ 在校生の方へ 卒業生の方へ 就職支援(実績)・取得可能資格 よくあるQ&A アクセス 入試要項 学校説明会 フォトギャラリー・イベント紹介
四ツ谷キャンパスマップ