上智社会福祉専門学校 | 精神保健福祉士通信課程(短期)

上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程(短期)本科の強みと特色・取得可能な資格

本科の強みと特色・取得可能な資格

精神保健福祉士通信課程(短期)の特色 精神保健福祉士受験資格と認定社会福祉士の研修単位を同時取得へ。
■ 求められるソーシャルワーカー像ソーシャルワーカーは    社会福祉士・精神保健福祉士の領域を合わせて対象とし、活動します。

本課程は、現場で社会福祉士として働く方々がさらに精神保健や精神障がいについての知識と専門性を持ち、仕事の質や領域を広げることに寄与したいと計画されたコースです。現在ソーシャルワークの国家資格は社会福祉士と精神保健福祉士に分けられ、2つ存在しますが、仕事の現場では、対象やニーズが分かれているわけではありません。
どんなところにも精神疾患や精神障がいをもつ方が存在し、また、メンタルヘルスはすべての人の課題です。こころの問題は特別に切り分けられる問題ではないからです。本校は社会福祉士・精神保健福祉士をあわせ持ち、活躍するソーシャルワーカーを育成したいと考えています。

本課程の特色
学ぶやすい授業日程 演習
演習

社会福祉士の方たちに向けた本コースでは、特に実習免除者の演習に規定より多い時間を当て、充実させています。
演習ではより具体的な援助技術の習得
―地域移行・定着支援のケアマネジメント・SST・面接・アルコール関連問題へのアプローチ等―を目指し、現場で経験を積んできた教員たちが担当します。
演習は20人以下の少人数制で行います。

特論

特論では教科書の内容を超えた最新の知識と研究方法を学びます。

最新の精神医療・精神医学の情報

地域に増えている心療内科では、うつ病、依存症、PTSD、パニック発作、人格障害等の受診が多くなっています。また、復職支援(リワークプログラム)や、EAP(従業員援助プログラム)など会社員を対象とした支援が実施されています。その領域を専門とする医師が担当します。

最新の精神保健福祉施策

普段クライエントという対象を通して問いを立てる実践者は多いのですが、マクロな視点で精神保健福祉をとらえます。精神保健福祉士の仕事は国を始めとする行政施策の影響を大きく受けるものです。厚生労働省や国が示す最新の精神保健福祉の在り方とは?厚生労働省での経験のある上智大学社会福祉学科教授が担当します。

精神保健福祉士の役割の展開

精神保健福祉士はかつてPSWと呼ばれ、主に精神科病院で仕事をしていました。“病院からの社会復帰”、これが資格化された当時から今に至るミッションです。
このミッションについての苦闘の歴史を知る教員がその軌跡をなぞり、現在拡大している領域や新たな役割を示します。精神保健福祉士は過去の精神障がい者が受けてきた痛みを知ることで、精神保健福祉士になるのです。

精神保健福祉学の研究方法
精神保健福祉学の研究方法

現在、精神保健福祉士の援助活動は、どのように効果があったかを知り、エビデンスに基づいた実践を行うために、量的・質的社会調査が求められています。質的調査や事例研究などによる効果測定、サ-ビスを利用するクライエント集団への量的調査を実施し、援助活動の評価を行うことも実践の1つです。精神保健福祉の調査研究に携わる上智大学社会福祉学科教授が担当します。

◆分散型スクーリングスケジュール

社会福祉士として多忙な仕事をしながらの学習であることに最大限配慮しています。
  ・ スクーリングを集中させず、土曜日中心に隔週に実施していること。
  ・ スクーリングを欠席した場合の補講や再試の制度を設けていること。
  ・ 休学の制度を設け、1年繰越できること。

スクーリングを隔週に分散したことで、さらに3つの効果が生まれています。
  1. 2週間ごとに精神保健福祉に取り組むことで、知識の定着がはかれること。
  2. 12月まで定期的に演習など少人数のクラスで取り組むため、学習仲間ができること。
     これは学習に留まらず、独自の同業種異領域ネットワークになります。
  3. スクーリングが定期的に分散しているため、レポート学習と関連させて行えること。
     学生は授業を聞いて考えたことをレポートし、教員はそのレポート内容を授業に
     反映させます。

レポート⇔スクーリング授業

教育とは、一人でテキストを読む独学でも、教壇から一方的に教授されるものでもなく、教員と学生が対等に考え、対話すること。本コースは講義とレポートを使って、そうしたスタイルである課題提起型教育を目指しています。

◆社会福祉学の領域を横断する
上智大学との連携

上智大学総合人間科学部社会福祉学科の開講科目を履修できます。(4科目8単位まで)

本校 保育士科、介護福祉学科、社会福祉士・児童指導員科との連携

他学科が主催する講座や催しに無料または割引で参加できます。

【例】保育士科主催おもちゃインストラクター講座

スクーリングと重ならない土曜夜講座(2日間)に出席し、認定資格をもらえます。
児童の領域はもちろん、高齢者の領域や地域活動に携わる人にもおすすめです。

取得可能資格
精神保健福祉士国家試験受験資格

本コースを卒業見込みと同時に国家試験受験資格を得られます。

認定社会福祉士の研修単位(実習免除者対象)

本コースは一部の科目群が認定社会福祉士の研修単位に認証されています。(2014年度)
本コースで精神保健福祉を学びながら同時に、認定社会福祉士共通専門科目(全分野対象)ソーシャルワーク理論系科目群Ⅰ研修2単位を取得できます。
認定社会福祉士については認定社会福祉士認証・認定機構のホームページをご参照ください。

学校紹介 教員紹介 入学希望の方へ 在校生の方へ 卒業生の方へ 就職支援(実績)・取得可能資格 よくあるQ&A アクセス 入試要項 学校説明会 フォトギャラリー・イベント紹介
四ツ谷キャンパスマップ