保育士とは?

保育士科

保育士科 保育士科
社会福祉士児童指導員科 社会福祉士・
児童指導員科
介護福祉士科 介護福祉士科
精神保健福祉士通信過程(短期) 精神保健福祉士
通信課程(短期)
キャリアアッププログラム キャリアアップ
プログラム


保育士とは?

今後の日本社会が求める国家資格です

保育士は、2001年児童福祉法の一部改正によって、
それまで児童福祉施設で働く任用資格であったのが、名称独占資格として規定され、他の対人援助専門職にならぶ「国家資格」となりました。

女性の社会進出や核家族化に伴って、保育所の需要は増え続け、現状は保育所の数が足りず、待機児童があふれています。
また、虐待等で施設に入るこどもたちも増加し、施設で生活指導をする人材も不足しています。そこで国は、今後更に保育施設の増加を計画し、そこで働く、より質の高い保育士を求めています。

0歳~18歳までの多様なこどもの育ちを支えます

0歳~18歳までの多様なこどもの育ちを支えます

保育士の仕事は、0歳~18歳までの児童全てを対象とします。
単なる“乳幼児のお世話”だけではなく、赤ちゃん、未就学児、学童児、青少年、またそれぞれの年齢における障がいをもった児童の対応などもあり、幅広い仕事内容から自分の素質にあった分野を選択できます。

保育士は、保育の場面や対象児童の年齢によって、ときに“遊びのスペシャリスト”になったり、“生活指導員”や、“愛情深い養育者・教育者”になったりと、様々なスキルが要求されます。
多様な側面から、こどもの健やかな育ちを支えるのが、保育士の仕事です。

対人援助の専門家です

対人援助の専門家です

保育士とは、児童福祉法第18条の四に定義されているように、こどもの保育に加えて、“保護者支援”を行う者のことをいいます。
保護者の相談にのり、保護者に対して助言や指導をする“子育てのアドバイザー”として、また、地域の子育て支援者としても活躍します。
そのため、本校は、専門的な対人援助の知識と技術の学習・習得に力を入れています。

保育士になるためには

保育士の資格を取得するには、以下の2通りの方法があります。

  1. 本校のような、厚生労働大臣が指定する指定保育士養成施設を卒業する。
  2. 保育士試験(毎年一回実施される国家試験のこと。学科と実技)に合格する。

本校に入学して資格を取得するメリット

保育士の働く現場

児童福祉施設の職員として働く

保育士が働くことのできる児童福祉施設は14種類あります。
従来の「こどものお世話」にとどまらず、
こどもと家族のソーシャルワーカーとして各施設で働きます。

【保育士が働く主な児童福祉施設(例)】
保育所
0歳~6歳までの乳幼児を保育する。
乳児院・児童養護施設
虐待等により親元を離れて暮らすこども達を養育する。
障害児施設
さまざまな障害をもつこども達の療育に関わる。
児童館
学童期のこども達の遊びを指導し健全育成を行う。
児童家庭支援センター
地域と保護者の橋渡しになって子育て支援を担う。

様々な業界での活躍

昨今では、上記施設職員になる進路に加えて、保育に関わるNPO(民間非営利組織)NGO(非政府組織)を自ら立ち上げ、もしくは参加し、保育士資格を活かして地域福祉の発展に寄与するケースが増えてきています。
また、次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援に力を入れる企業が増加しており、それらの事業コンサルタントやアドヴァイザーになったり、子供服やおもちゃ関連の企業に就職して保育士資格を活かすケースもあります。
保育士は今、福祉業界に留まらず、幅広い分野の現場で活躍しているのです。

まずは資料請求から

資料請求はこちら

ホームページからのお問い合わせは、回答までにお時間がかかる場合があります。
お急ぎの場合は、お電話をご利用ください。

Tel.03-3238-3021

学校紹介

School Introduction

学科紹介

Department of introduction

入学希望の方

Those of prospective


上智社会福祉専門学校公式LINE 専門実践教育訓練給付金および教育訓練給付金制度について 学校説明会 2018年度入試要項
保育士科 保育士科
社会福祉士児童指導員科 社会福祉士・
児童指導員科
介護福祉士科 介護福祉士科
精神保健福祉士通信過程(短期) 精神保健福祉士
通信課程(短期)
在校生の方 在校生の方
卒業生の方 卒業生の方
キャリアアッププログラム キャリアアップ
プログラム
上智社会専門学校の強み 上智社会福祉
専門学校の強み

お問い合わせ 問い合せ
MAIL MAIL
キャンパスMAP キャンパスMAP
Q & A Q & A
アクセス アクセス



キーワード検索フォーム
上智大学
上智大学短期大学部
公開学習センター
創立50周年記念事業募金