介護福祉士科

よくある質問Q&A

通学の専門課程共通
保育士科
社会福祉士・
児童指導員科
介護福祉士科
通信課程

介護福祉士科

コースの特徴について

2007(平成19)年、社会福祉士・介護福祉士法が改正されました。 介護福祉士は介護を行う専門職として、全ての資格取得ルートにおいて国家試験を受験することが義務づけられました。 また、履修カリキュラムも大幅に変更されています。 ※2012年度から国家試験の受験を義務化する予定でしたが、2011年6月に国会で法案が成立したことにより3年延期となりました。 ※2014年1月に制度導入の1年先送りが決まったため2017年1月の試験から義務化される予定です。

介護福祉士科の授業は、2008年度から、午後1時半からの開始となっています。これは、仕事や学業、家庭、地域生活といった多様な生活スタイルにあわせて学べるようにするためです。

本校介護福祉士科では、必修科目のほかに、独自の選択科目を用意しています。これらの科目には上智大学科目も含まれています。 学生は自分の興味関心や福祉・介護分野での自身のキャリアを想定して好きな科目を履修することができます。

介護福祉士科の教員は、専任教員の他に沢山の非常勤の教員が授業を担当しています。非常勤の教員は、介護サービスの現場で活躍しがら、職場での現任研修や介護実習などでも指導にあたっている人材です。

介護福祉士科の実習は、5つの段階に分かれています。 この中で、高齢者施設、障害者施設、在宅介護事業所、生活保護施設等、沢山の種類の実習先で学ぶことができます。通常の学校に比べて実習の期間が細かく区切られ、仕事との調整もしやすくなっている点が特徴です。

介護福祉士資格は、これからの介護職における必須資格を捉えています。 そのうえで、それぞれのキャリアの道筋にあわせて、ケアマネージャーとしての仕事も含めていく人、管理者としての仕事を増やしていく人、職場の熟練者を目指していく人、教育に携わっていく人、自分で介護サービスを立ち上げて特徴ある実践を行いたい人、など様々な可能性があります。

学生生活について

介護福祉士科の学生は、授業を含んだ1日の生活を細かく調整しています。例えば午前中の時間が使えますので、そこに仕事の時間をあてている人もいます。また、夕方から夜にかけての時間を家庭に戻っての家事等にあてている人もいます。 一人ひとりの事情に合わせて学生の生活スタイルは多様になっています。

介護福祉士科には独自の奨学金があります。 これらは奨学金を提供している財団や組合といった組織の社会貢献を目的とした資金提供によるものです。これらと学生支援機構や修学資金貸与制度などを組み合わせて学費の負担を相当に軽減することができます。

4月から7月までは授業期間で8月が実習、9月は休みというのが前期のスケジュールです。後期は10月から11月までが授業で12月は実習が入ります(3年次はありません)。 年あけからは授業で2月一杯で終了します。3月は春休みとなっています。

入学にあたって

介護福祉士科の授業の必修部分は、現在就業している人や家庭を持つ人、学校を卒業してから社会でいろいろと経験している人が心配なく学べるように配慮されています。 もちろん、高校や大学を卒業してから学ぶ人にとっても多様な科目があり、 それぞれにあわせられるようになっています。

学校紹介

School Introduction

学科紹介

Department of introduction

入学希望の方

Those of prospective


上智社会福祉専門学校公式LINE 専門実践教育訓練給付金および教育訓練給付金制度について 学校説明会 2018年度入試要項
保育士科 保育士科
社会福祉士児童指導員科 社会福祉士・
児童指導員科
介護福祉士科 介護福祉士科
精神保健福祉士通信過程(短期) 精神保健福祉士
通信課程(短期)
在校生の方 在校生の方
卒業生の方 卒業生の方
キャリアアッププログラム キャリアアップ
プログラム
上智社会専門学校の強み 上智社会福祉
専門学校の強み

お問い合わせ 問い合せ
MAIL MAIL
キャンパスMAP キャンパスMAP
Q & A Q & A
アクセス アクセス



キーワード検索フォーム
上智大学
上智大学短期大学部
公開学習センター
創立50周年記念事業募金