MENU

ぬんべり・ゾンビの意味・元ネタは?Number_iのファンネの隠語か?

ぬんべり・ゾンビの意味・元ネタは?Number_iのファンネの隠語か?

本記事にはPRが含まれます

[ad01]

元キング&プリンスのメンバー3人が脱退を発表して、世間を騒がせたのは2022年冬のこと。

脱退した平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんは、新たに3人でグループを結成しましたね。

今回は、そんな新生グループNumber_Iの、ネットで使われているぬんべり・ゾンビというフレーズについて調査しました。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

[ad02]
目次

ぬんべり・ゾンビの意味はNumber_iの比喩か

XなどのSNSでぬんべりという言葉をひんぱんに見かけるようになりましたが、どういった意味なのでしょう?

「ぬんべり」「ゾンビ」はそれぞれ、Number_Iのファンを指す言葉のようです。

通常アイドルにはファンネームというファンを呼ぶときの通称があります。

キンプリティアラ
KAT-TUNハイフン
関ジャニ∞エイター

このようなものですね。

しかし、新設して間もないTOBEの新生グループとあって、Number_Iにはまだファンネームがありません。

そういった経緯から、ネット上でファンネームが誕生したようです。

[ad03]

ぬんべり・ゾンビの元ネタは何?

ファンネームだということはわかりました。

では、なぜこんなに特殊な呼び名になっているのでしょうか?

調査していくなかでわかったことがあります。

  • ぬんべり
  • ゾンビ

それぞれ見ていきましょう。

ぬんべり

ぬんべりはそもそも、平野紫耀さんのファンが「Number_I」を「Nunber_I」と間違えて投稿したことから生まれたようです。

SNSでハッシュタグをつけるとき、アンダーバーをつけるとハッシュタグが外れてしまうことがあり、アンダーバーを外して表記するケースがあります。

スペルミスとアンダーバーを外したことによって「Nunberi(ぬんべり)」と表した投稿が数多く出回ってしまいました。

そこからファンの人達をぬんべりと呼ぶことが定着したようです。

公式ファンネームについてはコチラ。

ゾンビ

ゾンビもまたNumber_Iのファンネームとして使われています。

この由来となったのは、平野紫耀さんのインスタ・質問箱コーナーでの出来事。

質問箱のなかで平野紫耀さんはこのように投稿。

ファンをゾンビと言った平野紫耀さんの発言から、ゾンビと呼ばれるようになったようです。

ちなみにバコプロとは質問箱という意味で、芸能人とは思えないほどのサービス精神旺盛な数・時間の質問箱を開催することから、平野紫耀さんが名付けました。

[ad03]

ぬんべり・ゾンビはNumber_iのファンネの隠語との声も

ここまで紹介してきたファンネーム「ぬんべり」「ゾンビ」ですが、よい意味で使われているわけではなさそう。

もともとは6人グループだったキンプリを脱退していったメンバーをよく思っていない層も一定数いるようです。

とくに、2023年に脱退した平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんにたいしては、

キンプリやめてまでやりたかったことがこれ?

キンプリにいてもできたよね

れんかいを捨てていったんだね

などと暴走するファンも…。

そんななかでのスペルミスをバカにしたり、ファンをゾンビ扱いする平野紫耀さんを落とす意味で、「ぬんべり」「ゾンビ」と使っている人が多いようです。

[ad03]

まとめ

ぬんべり・ゾンビはNumber_iのファンネームであることがわかりました。

元ネタとなったのは、「Number_i」を「Nunberi(ぬんべり)」と間違ったファンの投稿と、平野紫耀さんのインスタです。

あまりいい意味で使われているわけではなさそうなので、早く公式から新たなファンネームが発表されるとよいですね!

[ad06]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次